サポートアスリートSupport Athletes

佐相 宏明
SASOU, Hiroaki

  •  
経歴
小泉信三記念慶應義塾学事振興基金
「小泉体育奨励賞」受賞
戦歴
2015年
大会名 結果
長良川ミドルトライアスロン
inアクアフィールド102
総合3位
年代別1位
IRONMAN JAPAN北海道 年代別1位
IRONMAN世界選手権 年代別15位
日本人5位
JTUロングディスタンス エイジランキング
18-24歳の部 1位
2016年
大会名 結果
皆生国際トライアスロン大会 総合優勝
IRONMAN TAIWAN 年代別1位
2017年
大会名 結果
宮古島トライアスロン 総合52位
年代別3位
皆生国際トライアスロン  
IRONMAN世界選手権 年代別11位
日本人2位
コメント
現在、「アマチュア×ロングディスタンス×若手」というニッチなエリアで世界と戦うべく、日々奮闘しています。日々の練習をこなす一方で、自分の身体について常に不安を抱えてきました。練習による疲労の蓄積と、経年に伴う回復力の低下、この二つがある段階まで進行すると、身体が思うように動かなくなってしまうでしょう。実際、2年前と比較すると回復に要する日数は増えています。また、オーバートレーニングによって 身体の自由を失ってしまった話も耳にします。
この問題に対して、鍼灸治療を初めとした、身体のメンテナンスは非常に有効な解決手段です。しかし、経済的な面から、学生が十分な頻度でこうした治療を受診することは非常に難しいというのが実情です。そんな中、院長の谷本先生と出会いました。等身大の思いを受け止めてもらい、自分の信念が共感を得て、Lifeblood様に携わる全ての方々と一緒に世界の表彰台めがけて突っ走ることとなりました。
身体のメンテナンスをしていただくのみならず、Lifeblood様というリソースを最大限活用して、思い描いた通りに身体を使いこなせるようになりたいです。思うに、「思い描いた通りに身体を使いこなせるようになる」というのは人間が抱く究極の目標の1つです。これは運動習慣の有無に関係ありません。かつて初めて鍼灸治療を受けたあと、「ここまで身体が自由に使えるのか」と感動しました。アスリートな方々はもちろん、そうでない方々にも是非、一度この感動を味わって頂きたいです。